J9県立日立第一高校附属中学校・並木中等教育学校・古河中等教育学校

中学校別入試問題集シリーズ

J09

¥1,800(税別)

判型:B5

ISBN:978-4-8080-9763-9

5月下旬

収録内容

  • 平成20年度~28年度 適性検査I・II
  • 最近9年間の入試傾向を徹底分析・合格への対策と学習のポイント
  • 実戦対応 入試に役立つ分類マーク付き解説
  • 絶対正解したい問題「基本」「重要」から、合格を決定づけた「やや難」までを詳しく解説
  • 実戦演習に欠かせない別冊解答用紙集付き

県立日立第一高等学校附属中学校の学校紹介

「高い志、科学する心、未来を拓く力」が教育理念

県立日立第一高等学校附属中学校の最寄り駅

JR常磐線 日立駅

県立日立第一高等学校附属中学校のカリキュラム

数学・英語・国語の授業時数は標準的な公立中学校よりも約2割多い。また、中高一貫校の特性を生かし、数学と英語では先取り学習が行われる。
国際理解教育を推進。イングリッシュタイムやグローバルコミュニケーション、国内語学研修などを実施し、中学卒業までに全員が英検準2級を取得できるような英語力を養う。また、科学教育を重視し、大学や研究機関と連携して先端科学を体験する。
高校では外進生との混合クラスとなり、2年次より希望や適性に応じて、普通科とサイエンス科(医学系進学コース・理工系進学コース)とに分かれて学習する。

県立日立第一高等学校附属中学校の学校生活

部活動の加入率は100%。母体校である日立第一高校の運動部の多くは、毎年のように県大会に出場しており、全国大会に出場する部もある。野球部が特に強い。
主な行事は、オリエンテーション合宿(1年)、文化祭、マラソン大会、合唱コンクール、シンガポール研修(3年)など。
異年齢集団の交流のため、学校行事や部活動の一部は中高合同で行われる。

県立日立第一高等学校附属中学校の進路

全員が無試験で県立日立第一高校に進学することができる。高校進学後は、難関大学や医学部などに進学している。主な進学先は、茨城大、筑波大、東京医科歯科大、慶應義塾大、東京理科大、早稲田大など。

平成28年度入試要項

入学資格 保護者とともに県内に在住しているもの。通学区域は茨城県内全域。
合格者の決定 調査書及び志願理由書の内容並びに適性検査I、適性検査II及び面接(1グループ20分程度の集団面接)の結果を総合的に判断して行う。

県立並木中等教育学校の学校紹介

「自制」「自立」「自尊」をもとに「人間力」を備えたグローバルエリートの育成を目指す

県立並木中等教育学校の最寄り駅

JR常磐線 荒川沖駅、筑波エクスプレス つくば駅

県立並木中等教育学校のカリキュラム

6年間を基礎期、充実期、発展期に分けている。前期課程の授業数は標準よりも420時間多く、後期課程の内容を先取り学習している。
筑波研究学園都市という恵まれた立地条件を生かし、周辺の大学や研究機関の見学や体験学習を実施している。
高校に相当する後期課程は、単位制・普通科となる。

県立並木中等教育学校の学校生活

部活動の加入率は約84%。平成27年度は、吹奏楽部と囲碁将棋部が全国大会に、軟式野球部・陸上競技部・水泳部が関東大会に出場。
科学教育に力を入れているため、平成26年度の「科学の甲子園ジュニア全国大会」でチーム1位、27年度「Intel ISEF(国際学生科学技術フェア)2015」で生徒がアメリカ園芸学会賞3等を受賞。
主な行事は、学級づくり合宿(1年)、文化祭、文科芸能体験(4年)、海外語学研修(4年)、スポーツデー、修学旅行(3年・5年)、国内語学研修(2年)など。
異年齢集団の交流の中でリーダーシップや思いやりの心を育てている。その一環として、通学方面別の生徒集団で先輩が後輩の面倒を見るチューター制がある。

県立並木中等教育学校の進路

主な進学先は、東京大、筑波大、茨城大、慶應義塾大、早稲田大など。

平成28年度入試要項

入学資格 保護者とともに県内に在住しているもの。通学区域は茨城県内全域。
合格者の決定 調査書及び志願理由書の内容並びに適性検査I、適性検査II及び面接(1グループ20分程度の集団面接)の結果を総合的に判断して行う。

県立古河中等教育学校の学校紹介

「創造」「挑戦」「貢献」が校訓。高い学力と豊かな人間性を兼ね備えた次代のリーダーを育成。

県立古河中等教育学校の最寄り駅

JR 古河駅

県立古河中等教育学校のカリキュラム

授業時数は標準よりも4時間多い週33時間相当。前期課程の数学や英語に関しては、習熟度別・少人数指導を実施。3年次には高校の内容の先取り学習が行われる。前期課程の3年次段階で英検準2級の合格を目指す。
後期課程では単位制を実施。難関国公立大対応文型、国公私立大対応文型、医学部・難関国公立大対応理型、国公私立大対応理型の4つの方が設けられ、それぞれの進路希望に応じた科目選択ができる。理型では「数学演習」を開設し、難関大や医学部などを想定した学習を行う。

県立古河中等教育学校の学校生活

9割以上が部活動に参加。平成26年度は、陸上競技部がジュニアオリンピックに出場。新人戦では2種目で県優勝を果たした。
主な行事は、オリエンテーション合宿(1年)、歩く会、クラスマッチ(1~3年)、修学旅行(3年・5年)、イングリッシュキャンプ(2年)など。歩く会は谷中湖を周回する行事。完歩後はサイクリングや釣りなどを楽しむ。

県立古河中等教育学校中学校の進路

高校段階である後期課程には選抜を経ずに進むことができる。平成25年4月に開校したため、後期課程の進路はまだわからないが、難関大学や医学部を多くの生徒が受験するとみられる。

平成28年度入試要項

平成28年度入試要項
入学資格 保護者とともに県内に在住しているもの。通学区域は茨城県内全域。
合格者の決定 調査書及び志願理由書の内容並びに適性検査I、適性検査II及び面接(1グループ20分程度の集団面接)の結果を総合的に判断して行う。

お支払いについて

商品代金のお支払いには、クレジットカードと代金引換からお選びいただけます。

クレジットカード

以下のクレジットカードをご利用いただけます。

 

【ご利用可能なクレジットカードの種類】

card
VISA、MASTER、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナース、ディスカバー

 

【ご利用可能回数】 クレジットカードのご利用回数は、「一括、分割、リボ払い」をお選びいただけます。 ご利用のクレジットカード状況により、分割、リボ払いのご利用ができない場合もございます。

 

【お引き落とし日】 決済処理は商品発送の際におこなっております。 お引き落とし日時につきましては、ご利用のクレジットカードの締め日や契約内容により異なりますが、 通常では翌月または翌々月のご請求となります。 詳しくはご利用のクレジットカード会社に直接お問合せください。

代金引換(佐川急便 e-コレクト)

ご注文頂きました商品の受け取り時に、配送業者が代金を回収する支払い方法です。

代引き手数料
お買い上げ金額(円) 手数料(円)
0~10,000 324
10,001~30,000 432
30,001~100,000 648
100,001~300,000 1,080
300,001~500,000 2,160
500,001~1,000,000 3,240

商品到着時に商品代金・送料・代引手数料を、配送業者へ現金でお支払いください。
※現在のお支払い方法は代金引換のみとなっております。
下記の地域は佐川急便 e-コレクト(代金引換)配達がご利用いただけません。
佐川急便 代引き不可地域一覧
商品のお届け先が、佐川急便の代金引換支払不可地域に該当するお客様は、お問い合わせ先へ、ご相談・お問合せ下さい。

送料・配送について

発送業務の締め切り時間は15:00です。
15:00以降に確定したご注文は、翌営業日の発送となります。

送料について

東京学参ネットショップ会員の方は【送料無料】

 

【非会員の方】

地帯呼称 県名
送料
北海道 北海道
440
北東北 青森県・岩手県・秋田県
390
南東北 宮城県・山形県・福島県
390
関東 茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・山梨
340
東京都 東京都
330
信越 新潟県・長野県
390
東海 静岡・愛知・岐阜・三重
390
北陸 富山・石川・福井
390
関西 京都・滋賀・奈良・和歌山・大阪・兵庫
400
中国 岡山・広島・山口・鳥取・島根
410
四国 香川・徳島・高知・愛媛
410
北九州 福岡・佐賀・長崎・大分
440
南九州 熊本・宮崎・鹿児島
440

フリーダイヤル0120-813329