B00神奈川県公立高校 特色検査 2022年度版

本商品は最新年度版ではございませんので、ご注意ください。

高校別入試過去問題集シリーズ

B00_2022

¥1,980(税込)

判型:B5

ISBN:978-4-8141-1872-4

在庫切れ

収録内容

  • 2020年度〜2022年度 (共通/共通選択)
    平成30年度〜2019年度 (横浜翠嵐・柏陽・横浜緑ケ丘・横須賀・湘南・厚木)
    平成30年度 (希望ケ丘)
    2019年度 (平塚江南)
    2019年度〜2022年度 (横浜国際〈国際科国際バカロレアコース〉)
    平成30年度〜2022年度 (横浜市立横浜サイエンスフロンティア)
    *各校とも内容は自己表現検査。
    *横浜翠嵐・柏陽・横須賀・湘南・平塚江南・厚木の2019年度は共通問題による出題。
    *平塚江南 平成30年度は、非公表のため、問題を掲載しておりません。
    *横浜市立横浜サイエンスフロンティア 2019年度 大問5は、問題に使用された作品の著作権者が二次使用の許可を出していないため、問題の一部を掲載しておりません。
  • 最近5年間の入試傾向を徹底分析・合格への対策と学習のポイント
  • 実戦対応 入試に役立つ分類マーク付き解説
  • 絶対正解したい問題「基本」「重要」から、合格を決定づけた「やや難」までを詳しく解説
  • 実戦演習に欠かせない解答用紙付き

本書の特長

  • 問題:実際の入試問題を見やすく再編集。
  • 解答用紙:実戦対応仕様で収録。弊社HPでダウンロードサービス対応中。
  • 解答解説: 詳しくわかりやすい解説には、難易度の目安がわかる「基本・重要・やや難」の分類マークつき(下記参照)。各科末尾には合格へと導く「ワンポイントアドバイス」を配置。採点に便利な配点つき。

入試に役立つ分類マーク

  • このマークをチェックして、志望校合格を目指そう!
  • 基本:確実な得点源! 受験生の90%以上が正解できるような基礎的、かつ平易な問題。何度もくり返して学習し、ケアレスミスも防げるようにしておこう。
  • 重要:受験生なら何としても正解したい! 入試では典型的な問題で、長年にわたり、多くの学校でよく出題される問題。各単元の内容理解を深めるのにも役立てよう。
  • やや難:これが解ければ合格に近づく! 受験生にとっては、かなり手ごたえのある問題。合格者の正解率が低い場合もあるので、あきらめずにじっくりと取り組んでみよう。

合格への対策、実力錬成のための内容が充実

各科目の出題傾向の分析、合否を分けた問題の確認で、入試対策を強化!

その他、学校紹介、過去問の効果的な使い方など、学習意欲を高める要素が満載!

ユニバーサル・デザインの導入を推進中!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
東京学参発行の入試過去問題集シリーズの過去問は内容充実。
過去問は過去問でも、ただの過去問ではありません!
皆様の期待に応えるべく、進化・前進を続ける過去問です。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

2020年度神奈川県公立高校入学者選抜日程

学力検査 2月14日
面接   2月17日、18日のうち当該高校の定めた期日
特色検査 2月14日、17日、18日のうち当該高校の定めた期日
合格発表 2月28日

県立横浜翠嵐高等学校の学校紹介

県立横浜翠嵐高等学校の最寄り駅

JR・東急線・京浜急行線・横浜市営地下鉄 横浜駅、東急線 反町駅、横浜市営地下鉄 三ツ沢下町駅

県立横浜翠嵐高等学校のカリキュラム

二学期制。2年次より文系・理系に分かれる。3年次は、一部選択科目を取り入れ、受験科目に対応した学習が可能。
2年次の数学II・B、英語表現IIおよび3年次の英語表現IIにおいて小集団・習熟度別授業を導入している。
年間で3期、各期5日程度のスケジュールで土曜日に講座を開講。受験対策に直結した講座など、複数設置される。

県立横浜翠嵐高等学校の学校生活

自主性を重んじた自由な校風の伝統ある進学校。
6月の翠翔祭(文化祭)と9月の体育祭をはじめ、多彩な行事があり、生徒が熱心に取り組んでいる。
その他の主な行事は、学習オリエンテーション(1年)、球技大会、芸術鑑賞会、修学旅行(2年)など。
部活動には約9割が参加。科学部、放送委員会が優秀な成績を収めている。
米国メリーランド州エレノア・ルーズベルト高校と姉妹校協定を結んでおり、相互訪問を毎年実施。国際交流委員会を中心に、神奈川朝鮮中高級学校と交流したり、大使館を訪問するなどの活動をしている。

県立横浜翠嵐高等学校の進路

進学率がほぼ100%と高い。指定校推薦枠のある大学は、横浜市立大、早稲田大、慶應義塾大、上智大ほか。
主な進学先は、東京大、京都大、名古屋大、お茶の水女子大、群馬大(医)、東京工業大、一橋大、横浜国立大、新潟大(医)、岐阜大(医)、横浜市立大、早稲田大、慶應義塾大、上智大など。

県立川和高等学校の学校紹介

県立川和高等学校の最寄り駅

東急線 市が尾駅、横浜市営地下鉄 センター南駅・都筑ふれあいの丘駅、JR横浜線 中山駅

県立川和高等学校のカリキュラム

2年次にI型とII型に分かれる。3年次は多様な選択科目を設置し、それぞれの適性やニーズに対応できる多彩なカリキュラムとなっている。
2年次の英語、3年次の数学と選択科目では小集団学習を実施している。
月・火曜日は7時限授業。長期休業中には補習講座を開講している。

県立川和高等学校の学校生活

主な学校行事は、校外学習、体育祭、川和祭(文化祭)、球技大会、修学旅行(2年)、ロードレース大会、ダンス発表会など。
部活動は盛んで、95%が参加。多数の部活動が関東大会や全国大会に出場している。室内楽部、陸上競技部、ダンス部、バトン部、ハンドボール部、弓道部、女子バスケットボール部、バドミントン部、卓球部、バレーボール部、書道部、吹奏楽部、ラグビー部などが優秀な成績を収めている。

県立川和高等学校の進路

卒業生の主な進路は、東京大(医)、京都大、一橋大、筑波大、東京工業大、横浜国立大、東洋都立大、横浜市立大(医)、慶應義塾大(医)、早稲田大、上智大、東京理科大など。
指定校推薦枠のある大学、短大なども数多くある。

県立希望ケ丘高等学校の学校紹介

県立希望ケ丘高等学校の最寄り駅

相模鉄道 希望ヶ丘駅

県立希望ケ丘高等学校のカリキュラム

SSH(スーパーサイエンスハイスクール)として指定を受け、文系・理系を問わず、ICTを活用しながら課題研究を行う授業を実施している。
三学期制で週32時間授業。国公立大学進学を目標に、幅広い教科科目を履修する。3年次からは、多数の選択科目を設置している。
「総合的な学習の時間」では、自分の趣味・関心に基づいた自由研究を行う。
1年次の英語表現Iで小集団学習を、2年次の数学Bで小集団・習熟度別学習を行っている。
夏季休業中も多数の講習が行われ、多くの生徒が参加している。

県立希望ケ丘高等学校の学校生活

開校記念日にあわせて行われる記念祭(文化祭)が行事の中心。合唱祭はクラスごとに衣装を揃えて校外の大ホールで行われる。
その他の主な行事は、陸上競技大会、球技大会、修学旅行(2年)、文学散歩(1年)など。
部活動には約8割が参加。陸上競技部、剣道部、女子ハンドボール部が優秀な成績を収めている。

県立希望ケ丘高等学校の進路

ほぼ全員が進学希望。主な進学先は、筑波大、千葉大、お茶の水女子大、横浜国立大、横浜市立大、早稲田大、慶應義塾大、上智大、東京理科大、明治大など。

県立横浜平沼高等学校の学校紹介

県立横浜平沼高等学校の最寄り駅

相模鉄道 平沼橋駅、JR・東急線・京浜急行線・横浜市営地下鉄 横浜駅

県立横浜平沼高等学校のカリキュラム

2年次からゆるやかに文・理系に分かれ(α・β型)、3年次には自由選択科目として最大14単位分を選択できる。
一部少人数指導の授業も実施している。
放課後のゼミや長期休業期間中にはスタディショップを開講。
グローバル教育研究推進校で、駐日大使による講演なども行う。

県立横浜平沼高等学校の学校生活

各界で活躍する先輩を土曜日に招いての先輩セミナーを実施し、120年近い伝統を学ぶ校史教育を行っている。
主な行事は、校外学習、体育祭、平沼祭(文化祭)、スポーツ大会、修学旅行(2年)、健脚大会、合唱コンクールなど。
部活動には約9割が参加。女子ハンドボール部、かるた部が優秀な成績を収めている。

県立横浜平沼高等学校の進路

卒業生の主な進学先は、東京学芸大、東京工業大、横浜国立大、神奈川県立保健福祉大、東京都立大、横浜市立大、早稲田大、慶應義塾大、上智大、東洋薬科大、東京理科大、明治大など。
指定校推薦枠のある大学・短大なども多数ある。

県立光陵高等学校の学校紹介

県立光陵高等学校の最寄り駅

JR横須賀線 東戸塚駅・保土ヶ谷駅、相模鉄道 西横浜駅

県立光陵高等学校のカリキュラム

1〜2年次は基礎的な教科を全員が学ぶ。3年次には進路に合った科目を選んで受講できる。
ゼミ形式で研究を行うことで論理的な考えを育み、プレゼンテーション能力を培う「総合的な探究の時間」KU(光陵ユニバース)を実施。
65分授業で、問題演習を増やし、大学受験に対応した授業を行っている。

県立光陵高等学校の学校生活

体育祭、光陵祭(文化祭)、県立音楽堂で行われる学芸音楽祭が三大行事。修学旅行はグループごとの自主的な研究活動の場となっている。この他、球技大会、社会見学、百人一首大会などを行っている。
部活動は約9割が参加。文芸部、陸上競技部、ダンス部、弦楽部、科学部が優秀な成績を収めている。

県立光陵高等学校の進路

卒業生の主な進学先は、東京工業大、横浜国立大、大阪大、神奈川県立保健福祉大、東京都立大、横浜市立大、早稲田大、慶應義塾大、上智大、東京理科大、明治大など。
指定校推薦枠のある大学・短大なども多数ある。

県立柏陽高等学校の学校紹介

県立柏陽高等学校の最寄り駅

JR根岸線 本郷台駅

県立柏陽高等学校のカリキュラム

1年次は、総合的な学習の時間を科学と文化と名づけ、研究力を育てる。
グローバル教育として、海外姉妹校との交流や海外語学研修など、様々な取り組みをしている。
大学や研究機関などと連携し、研究室への訪問や講師を招いて実施するキャリアアップ講座を開講。
土曜講習(年14回)・短期集中講座を実施。長期休業中には夏季・冬季講習が開かれ、多くの生徒が受講している。
空調を備えた個別ブースの自習室は放課後だけでなく早朝にも開放されている。

県立柏陽高等学校の学校生活

文化祭・体育祭などの学校行事は生徒自ら企画・運営し、開催当日は大変盛り上がる。海外修学旅行を実施。学校単位で現地生徒と国際交流を行う。
その他の主な行事は、遠足、芸術鑑賞会、球技大会、柏陽「科学と文化」学会(1年)、合唱祭(1,2年)など。
部活動には9割近くが参加。ソフトテニス部、陸上競技部、理科部、囲碁将棋部、英語部が優秀な成績を収めている。

県立柏陽高等学校の進路

主な進学先は、東京大、京都大、名古屋大、東京工業大、一橋大、横浜国立大、大阪大、東京都立大、横浜市立大、早稲田大、慶應義塾大、上智大、東京理科大、明治大など。

県立横浜緑ケ丘高等学校の学校紹介

県立横浜緑ケ丘高等学校の最寄り駅

JR根岸駅 山手駅

県立横浜緑ケ丘高等学校のカリキュラム

週2日は7時間授業で、密度の濃い授業内容となっている。2年次ではそれぞれが進路や適性に応じた科目を選択する。3年次でI類(文系)とII類(理系)に分かれ、幅広い選択科目が設定してある。
多くの授業で少人数授業を展開している。特に、2年次の英語表現の授業では、1クラスを半分に分けた20名で行い、プレゼンテーションやグループ討議などを実施。2年次の数学Bでは、習熟度別編成授業を行っている。
夏期講習、冬期講習、保護者面談や進路講習会、模擬試験などを実施。全校でTOEICの受験も行っている。

県立横浜緑ケ丘高等学校の学校生活

主な行事は、校外研修、緑高祭(文化祭)、芸術鑑賞、体育祭、修学旅行(2年・沖縄)、芸術教科発表会など。
部活動には約9割が参加。チアリーディング部、アーチェリー部、吹奏楽部、数学物理部が優秀な成績を収めている。

県立横浜緑ケ丘高等学校の進路

主な進学先は、京都大、大阪大、埼玉大、千葉大、東京工業大、一橋大、横浜国立大、横浜市立大、早稲田大、慶應義塾大、上智大、東京理科大、明治大など。
指定校推薦枠のある大学・短大なども多数ある。

県立多摩高等学校の学校紹介

県立多摩高等学校の最寄り駅

JR南武線 宿川原駅、JR南武線・小田急線 登戸駅

県立多摩高等学校のカリキュラム

令和元年度より、スーパーサイエンスハイスクールの指定を受けている。
2年次では一部を文理に分かれて科目選択する。3年次には特別なコースは設置せず、進路希望・関心に応じ、週に18時間まで選択科目を履修する。科目は30以上あり、少人数でも開講される。
夏期・冬期講習に加え、入学時にはフレッシャーズキャンプを行う。
9月から12月まで計10回の土曜講習を実施。

県立多摩高等学校の学校生活

自由闊達な校風のもと、生徒が積極的に学校行事に取り組んでいる。大師競歩は学校から川崎大師までの22kmを歩く。
その他の主な行事は、球技大会、合唱コンクール、多摩高祭(文化祭・体育祭)、研修旅行(2年)など。
部活動はほぼ全員が参加。ギターアンサンブル部、文芸部、ダンスドリル部、放送特別委員会、Tama International Club、合唱部が優秀な成績を収めている。

県立多摩高等学校の進路

主な進学先は、東京大、東京医科歯科大、東京工業大、一橋大、横浜国立大、横浜市立大、早稲田大、慶應義塾大など。
指定校推薦枠のある大学・短大なども多数ある。

県立横須賀高等学校の学校紹介

県立横須賀高等学校の最寄り駅

JR横須賀線 衣笠駅、京浜急行線 京急北久里浜駅・横須賀中央駅

県立横須賀高等学校のカリキュラム

国公立大学受験を見据え、2年終了までは5教科の学習を丹念に行う。2年次から理科と社会の授業で選択制が始まり、3年次には4つの類型に分かれ、それぞれの類型で多くの選択科目が設置される。
土曜講習、勉強合宿、卒業生によるチューター制など、やる気のある生徒には様々な勉強の場が保証されている。
横高アカデミア(総合研究大学院大学・横浜国立大学理工学部・慶應義塾大学などの連携講座)では、考古学から先端科学まで、特定の学問領域にとらわれることなく学んでいく。
学校設定科目「Principia I・II・III」では、課題研究や集中宿泊研修を行う。

県立横須賀高等学校の学校生活

体育祭と文化祭は9月に隔年で行われる。体育祭は各学年縦割りのグループが7カラーでき、全員で行うダンスなどの応援合戦は見ごたえがある。文化祭も各クラス趣向を凝らした劇やミュージカルの発表がある。
その他の主な行事は、宿泊研修(1年)、社会見学(3年)、修学旅行(2年)、陸上記録会、球技大会など。
部活動には約90%以上が参加。陸上競技部が優秀な成績を収めている。

県立横須賀高等学校の進路

主な進学先は、東京工業大、横浜国立大、横浜市立大、千葉大、筑波大、東洋都立大、早稲田大、慶應義塾大、上智大、東京理科大、明治大など。
指定校推薦枠のある大学・短大なども多数ある。

県立鎌倉高等学校の学校紹介

県立鎌倉高等学校の最寄り駅

江ノ島電鉄 鎌倉高校前駅

県立鎌倉高等学校のカリキュラム

1年次は全員がほぼ共通の科目を履修する。2年次は、文系・理系ともに難関国公立大学受験に対応できるカリキュラムとなっている。3年次には最大6単位分の自由選択がある。
長期休業中の講習や土曜講習のほか、学年の枠を超えた補習も継続的に実施。
理数教育推進校に指定されており、1年生の総合的な探究の時間に「K-ARP」を実施。

県立鎌倉高等学校の学校生活

文化祭や体育的行事などは、生徒が自主的に運営しており、レベルも高い。文武両道を目指す学校である。オーストラリアに海外姉妹校があり、オーストラリア訪問研修を隔年で行う。カナダでの海外語学研修も隔年で行っている。
その他の主な行事は、歩こう会、合唱コンクールなど。
部活動は約9割が参加。ソフトボール部、アメリカンフットボール部、弓道部が優秀な成績を収めている。

県立鎌倉高等学校の進路

卒業生の主な進学先は、電気通信大、東洋学芸大、東京農工大、横浜国立大、東京都立大、横浜市立大、早稲田大、慶應義塾大、上智大、明治大など。

県立湘南高等学校の学校紹介

県立湘南高等学校の最寄り駅

小田急線 藤沢本町駅、JR東海道線 藤沢駅

県立湘南高等学校のカリキュラム

1〜2年次は芸術科目を除き全員が同じ科目を学ぶ。3年次は各自の進路希望にあわせて文系・理系の2コースに分かれる。
夏期講習を実施。外部模試を校内で行っている。

県立湘南高等学校の学校生活

最大の行事は9月の体育祭。全学年を縦割りで9組に分け、色別対抗で争われる。特にメインイベントの仮装は湘南地域全体の名物にもなっている。合唱コンクールは音楽の専門家を審査員に招いて行われる本格的なもの。
その他の主な行事は、陸上記録会、文化祭、修学旅行(2年)、駅伝大会、スキー教室(1年希望者)、芸術鑑賞会など。
部活動は、兼部し活動に励む生徒が多く、運動部は74%、文化部は124%が参加。硬式野球部、サッカー部など、伝統と実績を兼ね備えた部が多い。フェンシング部、陸上競技部、合唱部が優秀な成績を収めている。

県立湘南高等学校の進路

主な進学先は、東京大、京都大、名古屋大、お茶の水女子大、東京工業大、東京医科歯科大、一橋大、横浜国立大、浜松医科大、早稲田大、慶應義塾大、上智大、東京理科大など。

県立茅ヶ崎北稜高等学校の学校紹介

県立茅ヶ崎北稜高等学校の最寄り駅

JR相模線 香川駅・寒川駅

県立茅ヶ崎北稜高等学校のカリキュラム

2年次までは基礎学力の充実を目指し、理科では「化学基礎」「物理基礎」「生物基礎」を、社会科では「世界史A」「日本史A」「現代社会」を全員が学ぶ。3年次には、文系・理系に分かれた上、多様な自由選択科目より選択する。教科によっては習熟度別・少人数制授業を展開。
1・2年生全員がGTECを受検。
長期休業中には数多くの講習・補習を受けることができる。

県立茅ヶ崎北稜高等学校の学校生活

合唱コンクールはプロの音楽家を招いて茅ヶ崎市民文化会館で行う。体育祭では縦割りクラスで色を作り、マスゲームや応援合戦などを行う。
その他の主な行事は、新入生歓迎会、遠足、文化祭、修学旅行(2年)、球技大会、マラソン大会など。
部活動は約9割が参加。吹奏楽部、陸上競技部、ソフトテニス部が優秀な成績を収めている。

県立茅ヶ崎北稜高等学校の進路

主な進学先は、東京大、東京工業大、横浜国立大、東京都立大、横浜市立大、早稲田大、慶應義塾大、上智大、東京医科大、東京理科大、明治大など。
指定校推薦枠のある大学・短大なども多数ある。

県立平塚江南高等学校の学校紹介

県立平塚江南高等学校の最寄り駅

JR東海道線 平塚駅、小田急線 伊勢原駅

県立平塚江南高等学校のカリキュラム

SSH(スーパーサイエンスハイスクール)として、学校設定科目「共創・探究」を軸に科学的、論理的な思考力を育成する。ICTの適切な活用について学ぶ機会を設けている。
1年生は、芸術科目以外は全員同じ科目を履修する。3年生から文系と理系に分かれ、理系はさらに理・工・理工・医の各学部を目指すI類と薬・看護の各学部を目指すII類の2つのコースに分かれる。
土曜日に1年生を対象とした土曜講習や全学年希望者を対象とした難関大学対策講座を行っている。

県立平塚江南高等学校の学校生活

体育祭は学校行事のメインで、縦割り8ブロックによる対抗戦。学年を超えて行う応援仮装が特に盛り上がる。
その他の主な行事は、遠足、球技大会、修学旅行(2年・沖縄)、江麗祭(文化祭)、合唱コンクール(1・2年)など。
部活動には約8割が参加。放送委員会、競技かるた部、陸上競技部が優秀な成績を収めている。

県立平塚江南高等学校の進路

主な進学先は、東京大、旭川医科大、お茶の水女子大、電気通信大、東京工業大、一橋大、横浜国立大、東京都立大、横浜市立大、早稲田大、慶應義塾大、上智大、明治大など。
指定校推薦枠のある大学・短大なども多数ある。

県立小田原高等学校の学校紹介

県立小田原高等学校の最寄り駅

JR東海道線・小田急線・箱根登山電車・伊豆箱根鉄道雄山線 小田原駅

県立小田原高等学校のカリキュラム

進学重視の単位制普通科高校。一部の科目についてセメスター制(学期ごとに単位を認定する制度)を導入。
少人数展開や習熟度別(英語)の授業により生徒の理解力を向上させる。小田高セミナー(1・2年次)、土曜講習、夏期・冬期講習なども実施。

県立小田原高等学校の学校生活

小田高祭(文化祭)は脚本・演出から舞台まですべて手作りの演劇の上演などで盛り上がる。
その他の主な行事は、宿泊オリエンテーション(1年)、芸術鑑賞会(2年)、校外活動(3年)、スポーツ大会、体育祭、研修旅行(2年)、合唱コンクールなど。
部活動には約9割が参加。女子バドミントン部、少林寺拳法部、弓道部、弦楽部、競技かるた部、吹奏楽部、放送部が優秀な成績を収めている。

県立小田原高等学校の進路

主な進学先は、筑波大、東洋学芸大、東京工業大、一橋大、横浜国立大、大阪大、名古屋大、東京都立大、横浜市立大、早稲田大、慶應義塾大、上智大、東京理科大、明治大など。
指定校推薦枠のある大学・短大なども多数ある。

県立厚木高等学校の学校紹介

県立厚木高等学校の最寄り駅

小田急線 本厚木駅

県立厚木高等学校のカリキュラム

すべての教科でアクティブ・ラーニングを踏まえた授業を行う。国公立大学受験にも対応する充実した教育課程となっている。70分授業で問題演習やドリル、小テストなどの活動ができる。
SSH(スーパーサイエンスハイスクール)で培った成果を活かして、探究活動に取り組み、成果発表会を行う。優れた研究はアメリカでプレゼンテーションを行う。
夏季休業中は、夏期講習を実施。伝統の週末課題により実力を養成する。

県立厚木高等学校の学校生活

主な行事は、新入生宿泊オリエンテーション、社会見学、戸陵祭、修学旅行、駅伝大会、球技大会など。
部活動には約9割が参加。軽音学部、吹奏楽部、ダンスドリル部、新聞部、弓道部が優秀な成績を収めている。

県立厚木高等学校の進路

主な進学先は、東京大、京都大、東京工業大、一橋大、横浜国立大、早稲田大、慶應義塾大、東京慈恵医科大など。

県立大和高等学校の学校紹介

県立大和高等学校の最寄り駅

小田急線・東急線 中央林間駅、東急線 つきみ野駅

県立大和高等学校のカリキュラム

ほぼ全員が進学を希望しているため、基礎学力の定着と応用力の育成を目指すカリキュラムが組まれている。2年次から文理分けが始まり、3年になると、I 類・II類・III類の3つのコースに分かれる。
GTECを全学年で受検する。
年2回の校内実力模試を行っている。夏期講習や面接・小論文指導、大学受験直前特別講座も実施。

県立大和高等学校の学校生活

メイン行事は体育祭と槐(えんじゅ)祭(文化祭)。生徒会主導のもと、長い準備期間を経て開催され、高校生活最高の思い出となる。
その他の主な行事は、新入生歓迎会、社会見学(1・2年)、芸術鑑賞会(3年)、球技大会、修学旅行(2年)、音楽発表会、百人一首大会(1年)など。
部活動には約9割が参加。陸上競技部、創作舞踊部、物理部、吹奏楽部、女子サッカー部、ソフトボール部が優秀な成績を収めている。

県立大和高等学校の進路

主な進学先は、お茶の水女子大、東京外国語大、東京農工大、一橋大、横浜国立大、名古屋大、東京都立大、横浜市立大、早稲田大、慶應義塾大、上智大、東京理科大、明治大など。
指定校推薦枠のある大学・短大なども多数ある。

県立相模原高等学校の学校紹介

県立相模原高等学校の最寄り駅

JR横浜線 相模原駅、JR相模線 上溝駅

県立相模原高等学校のカリキュラム

国公立大学受験対応のカリキュラムを設置。1年次は芸術を除き、全員が共通科目を学習。2年次には地理B、物理・生物から1科目の選択となる。3年次はI類型(文系)、II類型(理系)のコースに分かれ、多彩な自由選択科目から選択して学習する。
2年次には全員が大学の講座を受講する「高大連携講座」を実施。
長期休業中には生徒のニーズに合わせた補習・講習を多数実施。

県立相模原高等学校の学校生活

入学直後に、高校生活の基礎を身につけ、仲間づくりにチャレンジする県相スタートキャンプを実施。新入生歓迎球技大会(4月)、相翼祭(6月・9月)は、企画から運営まですべて生徒主体。相翼祭当日は大きな盛り上がりを見せる。その他、合唱コンクール、百人一首大会、修学旅行(2年)などがある。
部活動には約9割が参加。野球部、吹奏楽部が優秀な成績を収めている。

県立相模原高等学校の進路

ほぼ100%の生徒が4年制大学進学を希望。
主な進学先は、東京大、京都大、筑波大、東京工業大、一橋大、横浜国立大、東京都立大、横浜市立大、早稲田大、慶應義塾大、上智大、立教大など。

県立横浜国際高等学校の学校紹介

県立横浜国際高等学校の最寄り駅

京浜急行線 弘明寺駅、JR東海道線 戸塚駅

県立横浜国際高等学校のカリキュラム

単位制なので、必履修科目を履修し、74単位以上を修得することが卒業要件。専門科目は25単位以上必要。
学校必履修科目として、英語以外の外国語(ドイツ・フランス・スペイン・ハングル・中国・アラビアから1つ選択)、および「異文化理解」がある。
国際科は、選択科目に自由選択科目と系の選択科目とがある。系の選択科目は、国際コミュニケーション、国際文化、国際関係の3つの系に分けられる。
国際バカロレアコースは、DLDP(デュアル・ランゲージ・ディプロマ・プログラム)を導入。英語と数学の授業を英語で実施し、他の教科は日本語で実施している。日本の高校卒業資格に加え、国際的な大学入学資格が取得可能。
長期休業中などに補習・講習を行っている。
全員が民間英語試験や実力テストを受験する。東京外国語大学と高大連携を締結し、キャンパス訪問を行っている。

県立横浜国際高等学校の学校生活

英語合宿、サマープログラム、スピーチコンテスト、海外修学旅行、姉妹校交流などを実施。
部活動には約8割が参加。弓道部、ラクロス部が優秀な成績を収めている。

県立横浜国際高等学校の進路

卒業生の主な進学先は、東京外国語大、お茶の水女子大、一橋大、東京都立大、横浜市立大、早稲田大、慶應義塾大、青山学院大、国際基督教大、上智大、明治大、立教大など。
指定校推薦枠のある大学・短大なども多数ある。

横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校の学校紹介

横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校の最寄り駅

JR鶴見線 鶴見小野駅、京浜急行線 花月総持寺駅

横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校のカリキュラム

文部科学省からスーパーサイエンスハイスクール(SSH)に指定され、「サイエンス」を幅広く学習・研究することが可能。
特に理数科目と国語・英語に重点を置き、高い学力を持った人材を育成。3年次には幅広い選択科目が用意され、理系のみならず、文系進学にも対応。
サイエンスリテラシーでは、1年次全員がグループ研究や先端科学6分野の実験・実習を体験。2年次では各自が研究テーマを設定し、研究成果を発表。研究機関や大学、企業の研究者などの方々をスーパーアドバイザーや科学技術顧問に迎え、講義や実験・研究指導を直接受けることができる。
通年の朝学習や土曜講習のほか、夏期講習を実施。

横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校の学校生活

主な行事は、体育祭、文化祭、バンクーバー姉妹都市交流プログラム、マレーシア研修(2年)、サイエンスイマ―ジョンプログラムなど。
部活動には約7割が参加。サイエンス系の部活動を活用して自己研究を進める生徒も多く、その研究内容は外部からも高く評価されている。「高校生バイオサミット」や「全国電子ロボと遊ぶアイディアコンテスト」などでも優秀な成績を収めている。棋道部、文芸部、音楽部など文科系の部も大いに活躍している。

横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校の進路

横浜市立大学チャレンジプログラムとして、理学部に7名程度の特別入学枠が設置されている。
主な進学先は、東京大、名古屋大、筑波大、電気通信大、東京工業大、東京農工大、横浜国立大、横浜市立大、早稲田大、慶應義塾大、上智大など。
指定校推薦枠のある大学・短大なども多数ある。

 

 

お支払いについて

商品代金のお支払いには、クレジットカードとコンビニ決済、代金引換からお選びいただけます。

クレジットカード

以下のクレジットカードをご利用いただけます。

【ご利用可能なクレジットカードの種類】

card
VISA、MASTER、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナース、ディスカバー

【ご利用可能回数】 クレジットカードのご利用回数は、「一括、分割、リボ払い」をお選びいただけます。 ご利用のクレジットカード状況により、分割、リボ払いのご利用ができない場合もございます。

【お引き落とし日】 決済処理は商品発送の際におこなっております。 お引き落とし日時につきましては、ご利用のクレジットカードの締め日や契約内容により異なりますが、 通常では翌月または翌々月のご請求となります。 詳しくはご利用のクレジットカード会社に直接お問合せください。

コンビニエンスストアでのお支払

ご入金確認後に商品配送となります。
お申込みの直後から、下記のコンビニエンスストアで当日を含む7日間お支払い手続きが可能です。
(7日を過ぎると自動的にキャンセルとなります)
ご購入お手続き時に発番・表示するお支払い(決済)番号で、お近くのコンビニエンスストアにてお手続きください。 ※お支払方法は、ご希望のコンビニエンスストアをご選択いただき、そのご指定いただいたチェーン店でのみお支払いが可能となります。 ※別途支払手数料が216円かかります。



セブンイレブンでのお支払い方法
https://www.sonypaymentservices.jp/consider/kessai_cv_seven.html
デイリーヤマザキ・スリーエフでのお支払い方法
https://www.sonypaymentservices.jp/consider/kessai_cv_yamazaki_threef.html
ローソン・ミニストップ(Loppi)でのお支払い方法
https://www.sonypaymentservices.jp/consider/kessai_cv_paymethod_lawson.html
ファミリーマートでのお支払い方法
https://www.sonypaymentservices.jp/consider/kessai_cv_paymethod_familymart.html
セイコーマートでのお支払い方法
https://www.sonypaymentservices.jp/consider/kessai_cv_paymethod_seicomart.html
サークルKサンクスでのお支払い方法
https://www.sonypaymentservices.jp/consider/kessai_cv_paymethod_circlek.html

代金引換(佐川急便 e-コレクト)

ご注文頂きました商品の受け取り時に、配送業者が代金を回収する支払い方法です。

代引き手数料
お買い上げ金額(円) 手数料(円)
0~10,000 330
10,001~30,000 440
30,001~100,000 660
100,001~300,000 1,100
300,001~500,000 2,200
500,001~600,000 6,600

商品到着時に商品代金・送料・代引手数料を、配送業者へ現金でお支払いください。
※現在のお支払い方法は代金引換のみとなっております。
下記の地域は佐川急便 e-コレクト(代金引換)配達がご利用いただけません。
佐川急便 代引き不可地域一覧
商品のお届け先が、佐川急便の代金引換支払不可地域に該当するお客様は、お問い合わせ先へ、ご相談・お問合せ下さい。

送料・配送について

発送業務の締め切り時間は13:00です。
13:00以降に確定したご注文は、翌営業日の発送となります。

送料について

東京学参ネットショップ会員の方は送料が一律300円となります。
※学習・受験サポートアイテムのみのご注文の場合、東京学参ネットショップ会員に登録された場合も含め、送料は非会員の方向けの料金となります。
※沖縄県への送料は、東京学参ネットショップ会員に登録された場合も含め、1,880円となります。

【非会員の方】

地帯呼称 県名
送料
北海道 北海道
700
北東北 青森県・岩手県・秋田県
580
南東北 宮城県・山形県・福島県
520
関東 茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・山梨
520
東京都 東京都
520
信越 新潟県・長野県
520
東海 静岡・愛知・岐阜・三重
520
北陸 富山・石川・福井
520
関西 京都・滋賀・奈良・和歌山・大阪・兵庫
550
中国 岡山・広島・山口・鳥取・島根
580
四国 香川・徳島・高知・愛媛
650
北九州 福岡・佐賀・長崎・大分
700
南九州 熊本・宮崎・鹿児島
700
沖縄 沖縄
1,880

ご不明な点などございましたら、以下のお問い合わせボタンより、またはお電話にてお問い合わせください。

tel.03-3794-3154tel.0337943002

(受付時間:9:30~18:00・月~金/但し祝祭日、夏期休暇、年末年始休暇期間を除く)
※土日、祝祭日は休業日となっております。